ラジコン漁船の内部と体験談 !! 

button6
ラジコン漁船のモーター、電池、サーボの位置になります

 

DSCF2357

   モーターに放熱ファンを取り付けると、モーターの発熱がなくなり
  バッテリーを充電して 15分~20分程度の走航が可能でした。
  15分間の全速走航だけは、絶対危険?ですね
  進水式の時にモーターを焼き付けましたが、
  モーターラジエーター7.2vの取付けて、解決です!
わたしの場合は、540モーターだけで走航させていますが、
ギアモーターでプロペラを大きくして走航する予定です。
  内部が広いのでモーターの交換や電池の交換が簡単です。
  * ラジコンスケール船のスピードは、
    船の大きさと重さ、船型によって
    プロペラ、モーターのサイズが変わりますが
        ブリッチの位置(重心を前後に動かす)を
    変えると スピードが全然 違います!! 経験談
(最初の進水時にテープで固定して重心をテストします)
        さて 御依頼の船を仕上げますね m(__)m
            YouTube 動画 釣り船108cm型

DSCF2325

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>